Winスクールは全国各地に展開しております。

Winスクール
お役立ち情報

VectorWorksの添景を使って
リアルなパースを作ろう

投稿日:

更新日:

VectorWorksの添景を使って<br>リアルなパースを作ろう1

VectorWorksでは人物や樹木などのモデリングは苦手でも、添景を使うと簡単にリアルな表現が出来ます。

添景を使ってリアルなパースをつくる方法

添景という機能は写真のパネルを配置するようなイメージの機能です。

添景を使うには元になる画像データが必要です。
インターネットで【vectorworks 樹木 添景】などと検索するといろいろ無料の素材が紹介されたページがでてきます。例えば下図のようなPNGをダウンロードしてVectorWorksのパースデータに利用できます。

VectorWorksの添景を使って<br>リアルなパースを作ろう2

1.メニューバー>モデル>添景を作成>イメージファイルの取り込みにチェックしてOKをクリック

2.必要な画像ファイルを選択し添景イメージを選択ダイアログボックスのマスクありのラジオボタンを選択しマスクを作成ボタンをクリックしイメージファイルの取り込みのラジオボタンを選択しOKをクリック。

VectorWorksの添景を使って<br>リアルなパースを作ろう3

3.同じ画像ファイルを選択しマスクを作成ダイアログボックスにてアルファチャンネル選択すると添景イメージの設定ダイアログボックスに戻るのでOKをクリック

4.画面中央(X軸0、Y軸0)に添景が生成されているので、必要な場所にドラッグなどで移動。

VectorWorksの添景を使って<br>リアルなパースを作ろう4

このように影も適切に反映されてリアルな表現が出来ます。

VectorWorksの添景を使って<br>リアルなパースを作ろう5

フライオーバーでどんな角度に回転しても上手いこと表示されて便利です。

Vectorworks
が学べるおすすめコース

住空間・インテリアデザインを基礎から学ぶ

Vectorworksオペレーター
  • 初心者にもおすすめ
受講概要

住空間・インテリアデザインで最もシェアの高い3DCADソフト「VectorWorks」を基礎から実践的な操作までを学びます。

学べる講座