Winスクールは全国各地に展開しております。

Winスクール
お役立ち情報

PHPフレームワーク Laravel入門
【連載第2回】
Composerのインストール

投稿日:

更新日:

PHPフレームワーク Laravel入門 第2回:Composerのインストール

前回のまとめ

前回はXAMPPのインストールを行い動作環境の構築を行いました。
今回はlaravelのインストールに必要なツールComposerのインストールを行っていきましょう。

Composerとは

ComposerとはPHPのパッケージ管理システムです。
パッケージ管理システムと聞きなれない言葉ですが「PHPライブラリやPHPフレームワークのインストールに使われるアプリケーション」とお考え下さい。
またPHPライブラリとはよく使われる処理を一まとめにしたPHPプログラムの集まりです。
そのPHPライブラリを集めて一つの骨組みとして構築したものがPHPフレームワークです。
LaravelはPHPフレームワークですからこのComposerでインストールを行うことが可能です。

 

Composerのダウンロード

ではComposerのダウンロードを行いましょう。
まずは公式サイトにアクセスします。

Composerのダウンロード

Composer公式サイト:
https://getcomposer.org/

次に公式サイト画面下に「Download」というリンクがあるのでそちらをクリックします。

次に公式サイト画面下に「Download」というリンクがあるのでそちらをクリックします

(※画面は2020年1月9日のものです)
Windows Installerの文章に「Composer-Serup.exe」とリンクがあります。
そちらをクリックしましょう。Composer-Setup.exeがダウンロードされます。

Composer-Setup.exeがダウンロードされます

Composerのインストール

先ほどダウンロードした「Composer-Setup.exe」をダブルクリックしてください。
下記の画面が表示されますので「Install for all users(recommended)」をクリックしましょう。
また「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」と表示されますので「はい」をクリックしましょう。

「このアプリがデバイスに変更を加えることを許可しますか」と表示されますので「はい」をクリックしましょう

下記の「Installation Options」画面が表示されます。
ここでは「Developer mode」にチェックを行わずに「Next」ボタンをクリックしてください。
(※Developer modeにチェックを入れてインストールを行うとアンインストーラーが付属しなくなります)

下記の「Installation Options」画面が表示されます。ここでは「Developer mode」にチェックを行わずに「Next」ボタンをクリックしてください

下記の「Setting Check」画面が表示されます。
ここでは「Choose the command-line PHP you want to use:」の文章の下が「C:\xampp\php\php.exe」になっていることを確認してください。
もし表示されない場合はXAMPPのインストール場所にphpフォルダがあります。
そのフォルダの中にphp.exeがありますので「Browse…」ボタンから選択しましょう。

下記の「Setting Check」画面が表示されます

「Proxy Settings」という画面が表示されますがそのまま「Next」ボタンをクリックしてください。

「Proxy Settings」という画面が表示されますがそのまま「Next」ボタンをクリックしてください。

「Ready to Install」画面が表示されますので「Install」ボタンをクリックしましょう。

「Ready to Install」画面が表示されますので「Install」ボタンをクリックしましょう。

インストールが始まります。

インストールが始まります。

インストールが終了すると下記の「Information」画面が表示されます。
ここではComposerを使う諸注意が記載されています。
Composerの使い方と動作しない場合についての対策が記載されています。
最終行に「As a last resort, you may need to restart your computer」と記載されている通り、後ほど行うComposerの動作が出来ない場合はパソコンを再起動してください

インストールが終了すると下記の「Information」画面が表示されます

「Completing Composer Setup」の画面が表示されます。
そのまま「Finish」ボタンをクリックしてください。以上でComposerのインストール作業がすべて完了しました。

「Completing Composer Setup」の画面が表示されます。

Composerの動作確認

Composerが正常に動作出来るか確認を行いましょう。
Windowsの「スタートメニュー」→「Windows システムツール」→「コマンドプロンプト」を選択しコマンドプロンプトを起動してください。
次にコマンドプロンプトで下記のコマンドを入力しましょう。

composer

下記のComposer画面が表示されれば正常に動作が行われています。
もし動作しない場合はパソコンの再起動、もしくはComposerのアンインストールを行い、再度インストール作業を行ってください。

Composerが正常に動作出来るか確認を行いましょう

次回は今回のComposerを用いてlaravelのインストールを行います。

まとめ

次回はLaravelのインストールを行うために必要なComposerのインストールを行います。

Laravel
が学べるおすすめコース

PHPの基礎からWebシステムの開発まで

PHPプログラマ
受講概要

PHPプログラミングの基礎からLaravelを利用したWebシステムの開発手法まで学びます。

学べる講座